2024年5月22日
INSPIRATION海外

バルト三国リトアニアの絶景 いつかは訪れてみたい中世の面影溢れる町

バルト三国の一つリトアニアは、約280万人の人々が暮らしている国。その面積は約65,200平方キロメートルといいますから、北海道(面積83,424平方キロメートル)よりも小さな国ということになります。(北海道が大きいという言い方もできますが)

よほどの旅人でもない限り、ヨーロッパに出かけるとしても、イギリスやドイツ、フランス、イタリア、スペインなどが優先されがちで、リトアニアに出かけたことがある人はそれほど多くないかもしれません。実際、普段の生活の中でもリトアニアのニュースを聞くことはあまりないですし、リトアニアの人と知り合うこともありません。そもそもリトアニアで話されているというリトアニア語を聞いたことがない方がほとんどかもしれません。しかし、このリトアニア、中世の時代には「ポーランド王国およびリトアニア大公国」という、16世紀~17世紀のヨーロッパでは最大かつ最も人口の多い国の1つであったともいい、首都ヴィリニュスや国内第二の都市カナウスなどには、戦災や火事などを免れた中世の旧市街が残り、ゴシック、ルネッサンス、バロックなどの各時代の様式の建築物や聖堂などの建物が随所に残る美しい街なのです。

というわけで、今日は姉妹サイト「Beautiful-photo.net ~世界の美しい風景~Beautiful Pictures」から、リトアニアの美しい画像をお届けします。

リトアニアの風景

リトアニアの風景

リトアニアの風景

リトアニアの風景

リトアニアの風景

リトアニアの風景

リトアニアの風景

続きはこちらからどうぞ!
世界の絶景 リトアニアの風景(姉妹サイト「Beautiful-photo.net ~世界の美しい風景~Beautiful Pictures」に遷移します。)